Mac raspberry Pi 備忘録

【備忘録】raspberry Pi新規設定メモ

raspberry piはしばらく使っているとSDカードの寿命で動作が怪しくなります。そんなときに新しいmicro SDカードを設定するときの自分用のメモです。

SDカードの準備

microSDカードは32GB U1でOK。ドライブレコーダー用だと書き込み耐性が高い?

公式サイトでRaspberry Pi Imager.appをダウンロード

https://www.raspberrypi.com/software/

OSはRecommendedの32bitでOK

オプションでパスワード、Wifi、とか公開鍵とかを設定できる、タイムゾーンやキーボードはここで設定しておくと楽?

起動とセットアップ

ラズパイ本体にモニタとキーボード、ネットを繋いでからmicroSDカードをセットして起動

起動したらpiのターミナルアプリを開いてsudo piwizで設定ウイザードを出せる

再起動する

SSH接続用のIPアドレスの確認 ip addr コマンド ip addr | grep inet

inetの後ろに自分のIPが書いてある

MacとSSH接続

SSHはパスワード接続にする

SSH設定をオンにしていない場合には、

メニュー>設定>Raspberry piの設定>インタフェースでSSHにチェックを入れる

sudo raspi-configadvanced optionでも設定できる

IPが依然使っていたものと被ると接続できないときがある(暗号鍵が違うと怒られる)

Mac側のターミナルでssh-keygen -R {IP ADRESS}コマンドを実行し、該当IPアドレスのホスト情報を削除すればOK

Macとファイル共有の設定

radikoの自動録音設定

HOME直下にradikoディレクトリ、その中にrec_filesディレクトリを作成。

radi.shとradish_play.shをDL

https://github.com/uru2/radish

https://github.com/jg1uaa/radish-play

再生しながら録音するために両方をバックグラウンド動作に改造。

(個人メモ:自分のMacのdevelopフォルダにradiko録音に必要なもの一式を収めたEASY_INSTALL_SETフォルダがアリ)

Dropboxアップローダーの設定

シェルスクリプトをダウンロード

https://github.com/andreafabrizi/Dropbox-Uploader/

Dropbox APIのApp Keyなどは以下のURLから取得。必要ならAppを新規作成

https://www.dropbox.com/developers/apps

AppにはPermissionによって2種類ある

・App folderアプリはDropbox/アプリ/{App Name}/にのみアクセス可能

・任意のフォルダにアクセスするにはFull Dropboxタイプにする必要がある(radiko録音ではこっちを使っている)

#手順
curl "https://raw.githubusercontent.com/andreafabrizi/Dropbox-Uploader/master/dropbox_uploader.sh" -o dropbox_uploader.sh

$chmod +x dropbox_uploader.sh
$./dropbox_uploader.sh

あとはプロンプトの指示に従って
App Keyを入力
App Secretを入力
指定されたURLにアクセスしaccess codeを取得
access codeを入力

これでAPIとdropbox_uploaderが接続される
認証情報は~/.dropbox_uploaderファイルに記録されているのでこれを削除すればリセット可能

# 使い方
./dropbox_uploader.sh -s upload {filepath:filename} {uploadpath:filename}
単発ファイルの時は必ずファイル名が必要
ワイルドカードの時はディレクトリ名のみでOK
例:
./dropbox_uploader.sh -s upload ./test.txt /target_folder/test.txt
./dropbox_uploader.sh -s upload ./*.txt /target_folder

その他

USBメモリは~/mediaディレクトリにマウントされる

-Mac, raspberry Pi, 備忘録