Linux Mac シェルコマンド 備忘録

【備忘録】ラズパイにSSH接続しようとしたら物騒な警告がでてびっくりした話

ひさびさに起動したraspberry pi 4にSSH接続ができない!

しばらく使っていなかったRaspberry pi 4を久しぶりに起動してMacからSSH接続をしようとしました。

すると以下のような物騒なエラーがでて繋がりません。

 command
(base) $ ssh pi@192.168.1.9
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
@ WARNING: REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED! @
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
IT IS POSSIBLE THAT SOMEONE IS DOING SOMETHING NASTY!
Someone could be eavesdropping on you right now (man-in-the-middle attack)!
It is also possible that a host key has just been changed.
The fingerprint for the ECDSA key sent by the remote host is
SHA256:***************************************************.
Please contact your system administrator.
Add correct host key in /Users/kimura/.ssh/known_hosts to get rid of this message.
Offending ECDSA key in /Users/kimura/.ssh/known_hosts:20
ECDSA host key for 192.168.1.9 has changed and you have requested strict checking.
Host key verification failed.

 

DHCPによるアドレス変更でホスト情報が変わったため

これはDHCPによってIPアドレスが変わったのが原因でした。

以前は別のホストが使っていた192.168.1.9にraspberry piが割り当てられ、そこにアクセスしたMacのターミナルが過去の記録と比較して「前にアクセスしたホストと違う!」と警告を出したようです。

こんな時は、ssh-keygen -R {IP ADRESS}というコマンドでそのIPアドレスのホスト情報を削除すればいいみたいです。

 command
$ ssh-keygen -R 192.168.1.9

 

こちらの記事で知りました。

ssh接続をする際に「WARNING_ REMOTE HOST IDENTIFICATION HAS CHANGED!」と出てつながらない|Tech Blog|日本情報通信株式会社

-Linux, Mac, シェルコマンド, 備忘録

© 2021 make it easy Powered by AFFINGER5