備忘録

【備忘録】Xserverでのサブドメインの常時SSL化設定

Xserverでサブドメインの常時SSL化はファイルマネージャー経由で行う

このブログはサーバーとしてXserverを使っています。

これ以外にもサブドメインで別のブログを書いているのですが、今日になってそっちは常時SSLになっていないことに気づきました。

つまり、http://〜でアクセスするとそのまま暗号化なしに繋がってしまいます。

常時SSL設定されたサイトならhttp://〜でアクセスしても自動的にhttps://〜にリダイレクトされます。

個人ブログがセキュア接続じゃない場合、それが実際どれだけ危険なのことかは正直わかりませんが、今のご時世常時SSL化しといて損はないだろう、追加料金がかかるわけでもないし、ということで設定しようとしたらちょっとハマったので、忘れないように手順をメモしておきます。

・SSL対応は主ドメインでもサブドメインでもサーバーパネルのSSL設定で行える

Xserverのマニュアル

・ただし常時SSL化(http://をhttps://に自動転送)するには.htaccessを編集する

Xserverのマニュアル

・主ドメインの.htaccessはサーバーパネルで編集できるが、サブドメインはメニューに出て来ない

・サブドメインの.htaccessはファイルマネージャー経由で直接編集する

・サーバーパネルをログアウトしてファイルマネージャーにログイン。サーバーパネルと異なりXserverアカウントのID/Passwordではログインできない

・サブドメインの.htaccessのあるパスは以下の通り

root/主ドメイン/public_htmlフォルダ/サブドメイン名のフォルダ/.htaccess

・ファイルリストから.htaccessをクリックして選択

・上部にある「編集」をクリック

・表示されたファイル内容の先頭に以下の記述を挿入(内容は主ドメインの.htaccessと同じ)

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

・更新して完了

※WordpressのサイトURLなどはすでにhttps://になっている前提

 

 

 

-備忘録

© 2021 make it easy Powered by AFFINGER5