Linux Mac シェルコマンド プログラミング 備忘録

MacのTerminalのデフォルトエディタをnanoに変更する

 

viより普通にnanoが好き

ターミナル上級者の皆さんはエディタといえば vi らしいのですが、私は普通にnanoが好きです。

だってコマンドが下に書いてあるから忘れても大丈夫。よく分からないモードとかもないし。

しかし、Macのターミナルも標準はviになってるみたいです。

このあいだcrontab -eとかやったらviが起動して終了の仕方( :q  ) を忘れててググりました。

 

環境変数に設定、.bash_profileに追記

私はシェルにbashを使っています。他のシェルの場合は分かりません。

とりあえず使えるようにするには、環境変数EDITORを設定

 command
$ EDITOR=/usr/bin/nano
$ export EDITOR

これでとりあえずcrontab -e とかでnanoが起動するようになります。

永続化するためには、~/.bash_profile に上記の設定を追記します。

~/.bashrcに書くという情報もあったのですが、そちらでは上手くいかなかったので~/.bash_profile に書いたらうまく行きました。

source ~/.bash_profileで変更を反映

 command
$ echo "EDITOR=/usr/bin/nano" >> ~/.bash_profile
$ echo "export EDITOR" >> ~/.bash_profile
$ source ~/.bash_profile

これでnanoが使えるようになりました。たぶん忘れるのでここに残しておきます。

-Linux, Mac, シェルコマンド, プログラミング, 備忘録

© 2021 make it easy Powered by AFFINGER5