Google Apps Script Google Workspace (G Suite)

Chrome機能拡張のDARK READERを入れたらGASのエディタがいい感じにダークモードになった

暗さに慣れてくると何でもダークモードにしたくなってくる

MacやiOSにダークモードが搭載されて以来、ずっとダークモードで使っています。

 

これに慣れるとたまにノーマルモードのPCを使うと眩しくてびっくりします。

もうなんでもダークモードにしたくなるのですが、Webサイトは結構白地で眩しいものが多いですね。

なんか設定でどうにかならんかなと思っていたら、ちょうどいい機能拡張がありました。

Chromeの「DARK READER」です。

DARK READER(Chromeウェブストア)

 

 

入れるだけでダークモードになるし、オン・オフもできる

DARK READERの使い方は簡単で、インストールすればとりあえず使えます。

設定でサイト毎にダークモードとライトモードを切り替えたりもできます。

 

機能拡張はブラウザ上のデータを読み取ったりできるので情報漏洩が怖い気もしますが、とりあえずユーザー数が300万人以上で、どこにもデータは送らないとか、オープンソースだと言っているので、まぁいいかなと思いました。責任は持てませんが。

時々、うまく色が反転できずに読めない文字があったり、ラジオボタンのオン・オフが分からなかったりします。

大事な注釈とか見落とすリスクを考えると、取引の画面とかはノーマルに戻したほうが安心ですね。

 

GASのエディタがさらにVS Codeっぽくなる

DARK READERを入れてGoogle Apps Scriptのエディタを使うと、とてもいい感じです。

 

GASの新エディタではVS Codeっぽい機能がたくさん追加されていますが、反転するとさらにVS Codeっぽくなりますね。

Google Apps Scriptのエディタで自動整形とかコード補完とかできるようになってた

Google Apss Scriptのスクリプトエディタが新しくなって居たので、自分にとって便利な機能を整理してみました

続きを見る

-Google Apps Script, Google Workspace (G Suite)

© 2021 make it easy Powered by AFFINGER5